修羅場の鉄則 起死回生のマネー哲学

修羅場の鉄則 起死回生のマネー哲学
木戸 次郎
スパイス (2004/12/02)
売り上げランキング: 69,498
おすすめ度の平均: 4.5
5 分かり易さ
3 修羅場のマネー哲学と比べると...
5 痛快で面白かった


"修羅場のマネー哲学"と比べると


"修羅場のマネー哲学"で一億五千万円の借金を完済した著者のエピローグとも言えようか。
その後の投資会社経営の半生記のストーリーである。

借金返済の燃え尽き症候群状態であった著者に、次なる災難が降りかかる。実父が経営に関わっていた投資コンサル会社が火の車状態。著者は再び、修羅場の世界に入ることになる。これはもう因果か業としか思えない。

会社を再建のための事業の建てなおしは、やはり、骨身に染み付いた株の投資運用事業となってしまうのだった。
一億五千万円完済時には昔のお得意さんに損の場合のペナルティなしというリスクヘッジされた技を使ったが、今回はフェアな株式市場での勝負である。狙いをつけた銘柄はソフトバンク、セガ等、専門家でないレビュアーから見ても、他人の逆をつくというよりは、公に公開された情報を元に、著者の動物的感で決めた個別銘柄への投資であり、当然ながら時には損もあり、修羅場のマネー哲学ならではのカリスマ的な先見の明という印象は薄い感がした。

現在も、著者は投資運用会社を営んでおり、著者の投資家としての持論の正しさは、運用の業績が明らかにしていくことであろう。

著者の顔写真を見て驚いたのは、その実年齢を予想させない風貌であった。修羅場の世界をかいくぐって来た男の顔という、大きなインパクトを率直に感じさせた。

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

超入門 投資とリスクヘッジ 4 天候デリバティブ

デリバティブという言葉はもともと派生物という意味で、金融取引では株、外貨、証券などさまざまな金融商品の組み合わせから生まれたゆえにそう呼ばれています。

最近はREITといって不動産投資を証券(債券)化した商品がありますね。これは投資家にとってのリスクヘッジでしょうか、不動産会社のリスクヘッジでしょうか。

答えは明白ですね。不動産(投資)会社が未来の損(リスク)をヘッジするために、一般投資家から多少安くても買ってもらう安全を買っているわけですね。未来のリスクの売買が先物取引きと定義できると思います。

競馬場に行くといるおじさんや自分では投資しない投資予想屋さんも安くても安定した収入を選択しているのと同じでしょう。

今日のNHKの朝の普通の番組で天候デリバティブを紹介していました。このデリバティブを買うのは雨で子供の遠足のキャンセルがでると損がでるローカルなバス会社さんでした。

投資とリスクの関係で言えば、バス会社さんはリスクを売って、天候デリバティブ会社はリスクを買って、お互いとりあえずハッピーのように紹介してました。厳密にどちらが得をしたか、それは天候と地域の学校の遠足に関わる情報量の差と思いますが、天候は公な情報、地域の学校の遠足はローカルな情報、どちらが情報量で勝っているのでしょう。

一般にREITの場合、テナントやビル経営の情報の透明性で投資家が不利と聞きます。

ブログの読者の皆さんは投資先に困るほどの資産をお持ちかどうかわかりませんが、有志を募ってワンルームマンションならぬ一般住宅投資されてみては。(投資に関する判断は自己責任で願います)

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

超入門 投資とリスクヘッジ 3

投資のリスクヘッジの持論を述べてみたいと思います。株投資の説明ででてきたポートフォリオや平均ドル・コスト法儲けと損のダイナミックレンジ(範囲)を自分の管理できるようにコントロールする事ですから、利潤のトレードオフでリスクを押さえてローリスク、ローリターン化しているに過ぎないと考えます。

この逆の証拠金取引きは少額の自己資金でレバレージ(てこの原理)で利潤と損のダイナミックレンジを大きくして、ハイリスク、ハイリターン化していると言えます。

先の書きこみでリスクヘッジの定義にふれましたが、真のリスクヘッジは予測とは逆の悪い状況になった場合にもフォルトセーフ(技術用語でいうトラブルがおきたときにも安全装置が働く)が機能する事だと考えます。

外貨預金という商品の場合は、金利と為替変動という2つのパラメータがリスクヘッジする事で、最悪でも数年先に利潤ゼロという損のしない機能が働いているわけです。

さらに重要なのはこの2つのパラメータが直交している(サイン関数とコサイン関数のように90度の相関がない)関係である事がポイントだと考えます。(金利と為替の直交性の度合いがどれくらいかはわかりません。状況に応じて変化するでしょう)

例えばポートフォリオを組む場合に、1つの閉じた市場で2社が競争している場合に、両方に投資をするというのは
2つのパラメータが正反対(180度)ですから、相関があって全く直交していません。ですからルーレットの奇数、偶数の両方にかけをしているようなものです。

直交するパラメータをもつ商品、または商品を組み合わせて直交する組み合わせを行う事が真のリスクヘッジではないかと考えます。金融の専門家ではありませんが、金利スワップや先物と現物の組み合わせなど金融のプロの世界で行われている事はこのような理論の応用ではないかと考える次第です。

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

超入門 投資とリスクヘッジ 2

自社株を購入する事は貴方の投資にとってリスクヘッジかどうか答えてみたいと思います。これは私のリスクヘッジの理解であり、どこかで読んだり勉強した事ではありませんが、理解をベースにした考察です。間違いがあればコメント指摘ください。

会社の業績が良くなると貴方の収入も良くなるでしょう。また会社の株価も業績を反映して上昇するでしょう。そうすると、給料がよい時に株でも利潤をだす事ができます。つまりその会社に勤める事と自社株を買うことは完全な正の相関関係にあります。

ですから、逆のケースで会社の業績が悪いときは株価も悪くなるわけですから、給料を主たる収入としている場合に自社株買いはリスクヘッジにはなりません。

企業が従業員にどのような優待制度で自社株の購入を斡旋しているかは全く知りませんが、仮にそれが一般の株市場での購入よりもお得であっても、結果として、サラリーマンにとってはリスクヘッジとはなりません。

むしろ、自社株は長期保持する方が多いでしょうから、会社にとっては安定した株主を確保でき、退職金と同じように長期にわたって、株と交換したキャッシュを会社の資本に利用できますので、これは都合のよい事でしょう。

おそらく社員への株の斡旋には歯止めがかけてあるでしょうが、社員が株を買い集めて、社員株主が勢力を持つようになれば、おもしろい事に社員は会社のスポンサーとしてのお客様で、社員が経営に乗り出して、取締役をおくりだしたりすれば、どんな事になるでしょうね。

次回は正しいリスクヘッジについて持論を書いてみます。

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

超入門 投資とリスクヘッジ

投資の世界では常識と思いますが、ポートフォリオとドル・コスト平均法がどのように投資をリスクヘッジするのか説明しましょう。リスクヘッジの正確な定義な把握していませんが、ここではリスクをコントロールして、損が発生した場合に損の金額をできるだけ少なくするとしておきます。

ポートフォリオとは投資の対象を分散させる事です。株投資であれば、購入銘柄を複数にわける事によって、1つの銘柄で発生しうる損をほかの銘柄の利益と組み合わせる事で、平均化する事です。日本の株市場では市場の平均を求めるために指定された225の銘柄から平均株価を算出して日経平均があります。(日経平均のほかにTOPIX、ダウなどの平均の指標もありこれをインデックスと呼びます。) 

ポートフォリオ分散はその意味で任意の銘柄を適当に選ぶ事で株市場のインデックスに投資している事になります。

ドル・コスト平均法とは外貨の購入方法からついた名前ですが、購入を定期的(例えば毎月)に購入することで1年の平均の金額で購入することになります。

ポートフォリオも、ドル・コスト平均法も、数学でいうなれば積分のようなもので、利潤は微分=差異から生まれるのですが、その差異を平均化することでリターンよりもリスクをおさえる方法にすぎません。

なぜならば、特定の銘柄や、特定の時期に購入する方が投資のリターンはよいわけで、それをあえて、行わない事でリスクヘッジという安全を買っているわけです。その意味では保険かもしれません。

さらに、ポートフォリオのリスクヘッジを有効利用するならば、投資の対象が株に集中しているのはリスクヘッジ上好ましくなく、異なる投資商品に分散させるべきでしょう。その対象は預金、外貨、債権、海外金融商品、土地、その他のキャッシュと兌換できるものすべてが対象となります。

さて、問題をだしましょう。貴方の会社が自社株の購入斡旋をしてくれる上場企業だったとします。自社株を購入する事は貴方の投資にとってリスクヘッジの行為でしょうか? 答えは次回。

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。


| | Comments (0) | TrackBack (3)

株投資のバイブル ウォール街のランダム・ウォーク 

ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理
バートン マルキール Burton G. Malkiel 井手 正介
日本経済新聞社 (2004/04)
売り上げランキング: 6,458
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.6
5 この本にもっとはやく出会っていれば....
4 チューリップとIT
5 個人投資家の入門書として最適の本としてお奨めします。

  株投資のバイブル

著者マルキール氏はエール大学教授、フォード政権の経済諮問委員の経済学の泰斗である。そのマルキール氏が株個人投資家向けに書き下ろしたミリオンセラーが本書である。日本で例えれば、宮澤喜一氏か竹中平蔵氏が国民向けに投資の教科書を出版したようなものである。この事自体が米国の国民への投資の奨励のような気運を感じる。

本書はまず、投資バブルが過去、300年の歴史の中でも、繰り返し流行した事を紹介し、投資家に歴史の教訓を示している。チューリップバブルでは船員が1年分に収入に値するチューリップをたまねぎと思い、食べてしまったというバブルには必ずまつわる愚かなエピソードが紹介されている。

マルキール氏は株投資の基本的な2つの流派として、ファンダメンタル派テクニカル分析派(”サルのダーツ投げ”)を説明する。

前者は企業の実質経営指数に重点をおき、その指数が長期的に株価に反映するとするものであり、基本的に経済学者はこの説を支持する。後者は株価は株市場の思惑の連鎖で企業の実態経営とは相関なく、チャート図から天気予報のように過去のパターンから予測をするものである。

チャート分析にはさまざまなアナリストの持論が跋扈しているが、経済学者として、チャート分析の過去の研究結果からも、擬似科学であり否定をする。しかしファンダメンタル派でも、企業の成長予測不可能性故の限界を示唆する。

そして結論の章ではリスクコントロールの重要性を説明し、相関のない銘柄でくみたてるポートフォリオによる空間的リスク分散とドル・コスト法による時間軸でのリスク分散が株投資で重要である事を述べて結んでいる。

株投資のプロであれば目新しいものではないと思うが、昨今のテクニカル派のネット・デイ・トレーダーの方々には一読されておく事をお奨めしたい。木村剛氏も推薦の一冊である。

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。


| | Comments (0) | TrackBack (3)

超入門:外貨預金とリスクヘッジ 2

利回り5%を超える外貨預金商品の例
ソニー銀行(http://moneykit.net/)ニュージーランドドル 10,000NZD 1年モノ 5.75%
3月末-4月/上 手数料 通常50銭→30銭

だそうです。

先回の考察にはいくつかの仮定があります。金利は固定で計算しましたが、実際には変動します。実質インフレ率に比例して、キャッシュの価値は目減りします。インフレ時には
国内預金の金利も上昇しますので、外貨から円に切り替える事も考えられるでしょう。
そのような為替、金利の変動を中期的にウォッチしていく事が基本と思います。

■免責 私のここで紹介している商品の購入をすすめているわけではありません。もし購入の判断をされる方がいらっしゃいましたら、自己責任にてお願い致します。私は個々の方々の運用結果の損失に関して一切、責任はとりません。

投稿
皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

超入門:外貨預金とリスクヘッジ

外貨預金がどうしてリスクヘッジなのかという質問を頂きましたので、経済の常識ですが、具体的にお得な投資の例をあげて、そのリターンとリスクを考えてみましょう。

 米国では学校で「72の法則」という複利の概算を暗記するそうです。
 「72を年利で割った結果が元本がほぼ2倍になる。」

貴方が500万円の資金を年利5%の外貨預金に預金すると72÷5=14年で1000万円が外貨建てで得られます。外貨預金ですから、為替変動があります。円高リスクで実質利息円建ての利息がゼロになるのは為替が2倍の円高になった時です。損益分岐点は14年待てばよいのです。これが外貨預金の金利と為替レートによるリスクヘッジです。

逆に14年後に為替レートが1/2になった時は2000万円になる訳です。
これが藤巻氏や木村氏の提唱するようにゆっくりと少しづつ金持ちになろう、長期運用(ファンダメンタル派)が素人にはお奨め等の具体的な例です。為替変動リスク(も期待)も好まない方はドルコスト法という単に、定期的に購入する事で積分効果による平均値による運用可能です(これもリスクヘッジ)

貴方がライブドアに期待して500万円をつぎ込んだとします。14年後の株価は予想できませんが、10倍になったすると5000万円になります。ライブドアが会社更生法のお世話になると0円です。大手安定株の大企業は株主保護のために、自社株が下がる時は買い介入して、株主の不利益にならないように努めます。ライブドア社はこのような行為を行うかどうかはわかりません。リスク管理のプロの木村氏に言わせれば、利益がマイナスにならないが唯一のリスクヘッジでしょう。有限会社の「有限」の意味は負債が無限にならない事だと、今は会計学助教授の友人が学生時代に教えてくれました。

具体的にこんな商品があるのか、ご存知ない方は自分で調べてみてください。わからなければコメントいただければお答えします。なんだか、銀行の営業になった気分ですが、私は何の成功報酬もありません。

投稿
皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

藤巻 健史 タイヤキのしっぽはマーケットにくれてやる

タイヤキのしっぽはマーケットにくれてやる!
藤巻 健史
日本経済新聞社 (2003/11)
売り上げランキング: 82,051
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 4.44
4 前作よりも本音が
5 タイヤキの餡子は猛毒
3 期待して読んだだけに・・・

 投資成功の秘訣は長期トレンドにあり

JPモルガン日本支社で伝説のディーラーの異名をとった藤巻氏のディーラーとしての日々と持論の戦略が述べられている。(弟さんはアパレルのカリスマバイヤーで最近フクスケの社長に就任された)

藤巻氏の成功戦略は長期的視野に立った投資を一貫した事にあった。

・景気がよくなれば、株と通貨が強くなり、債権が売られる。
・景気が悪くなれば、株と通貨が弱くなり、債権が買われる。

大きなトレンドの中では小さな綾に手をださない事も重要と述べている。短期的な売り買いは一時、大もうけできても結果として大損する事を経験的に注意喚起している。

個人投資家へのアドバイスとしては、藤巻氏の成功の原点である長期的トレンドを見る事。自分で考えて実践する事。個別株は個人投資家はプロには勝てない。株だけが投資ではない。経済の基本を勉強する事。プロはビジネスとして期ごとに成果をださなければいけないが、個人はその足かせがないのがアドバンテージになる。

これらは実務経験者ならではの発言であり、重みを感じる。ほぼ同様の主張は木村剛氏の「投資戦略の発想法―ゆっくり確実に金持ちになろう 」でも述べられており、エコノミストの理論としても正しさを感じる。

ディ-ラー日記は内輪ネタギャグの散漫なくだりもあるが、総じて、良書として、個人投資家の方々にも一読、いただきたい一冊である。特に素人のディリ-トレーダーの方々には投資活動がきちんとリスクヘッジされているか確認のためにもお奨めしたい。

ちなみにレビュアーの少額資産は外貨運用で、基本的に株には手はださない。外貨の為替変動は金利でリスクヘッジされるが、株はリスクヘッジが困難だからである。


投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

得する生活―お金持ちになる人の考え方

得する生活―お金持ちになる人の考え方
橘 玲
幻冬舎 (2003/12/01)
売り上げランキング: 30,935
通常4日間以内に発送
おすすめ度の平均: 3.06
2 かざりの1,3章、本意の2章。2章を読むことに意義がある本
4 著者の他の本と似たような内容だが・・・。
3 知ってること


経済の歪みからこぼれ落ちるお金

タイトルと内容が乖離しているため、橘氏の著作としては、正当な評価をうけていないが、この種の本の中では良著と思う。サブタイトルの”お金持ちになる人の考え方”は正確ではない。著者が一貫して主張している、経済の歪みとそこから世間にこぼれ落ちる利潤について語っている。そのこぼれ落ちる利潤が得になる事はあり得る事である。

例えば、経済のしくみの理解の薄い読者には、クレジットカード払いせず現金払いしている消費者が、無利子でお金を貸していると同等の行動である事に気づかないでいるかという事。個人情報の漏洩に大騒ぎしている一方、借金等の信用情報は、お金を払えば、正当な手続きで誰にでも開示されてしまう実態の矛盾。暴落したリゾートマンションは購入よりも管理維持費の高くつく、売買のばばぬきである事など、ナニワ金融道のようなリアルな歪みの実態を紹介している。世の中のすみずみの歪と旨みをよく調べたものだと思う。

本書で公開された”お得情報”はすでに裏情報として世間にひろまってしまったため、すでに時効となったものも多いが、著者自身、本書はそのまま得するマニュアルではなく、飽和した市場で、経済の歪みに気づいた人だけ得する利潤が、これからもある事を指摘して本書を結んでいる。

断定的・断片的な情報羅列に始終していないので、読み物としてだけでも十分に楽しめ、色々とおこづかいのヒントをわけてもらった感じである。

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)