« トゥルーデおばさん 諸星 大二郎 | Main

先生はえらい 内田 樹

先生はえらい
先生はえらい
posted with amazlet on 06.06.18
内田 樹
筑摩書房 (2005/01)
売り上げランキング: 46,611
おすすめ度の平均: 3.64
5 生徒や先生はもちろん、親御さんにぜひ読んでいただきたい
5 大人ですが、目からうろこが落ちました
3 ちょっと冗長。読むのがしんどい。

コミュニケーションにおける「わかりあえない」幸福


内田先生のエッセイは評判どおりの書きっぷりだった。中高生の読者を対象としたわかりやすい平易な語り口のスタイルで、ラカンの哲学という難解なテーマををあえて、要約してしまうのではなく、わかりにくいまま論じている。このわかりにくさを伝えることが自体が「先生はえらい」というテーマの答えを示すところになっている。

さて、先生は何故えらいのかといえば、学ぶということが全く、生徒という主体の主体的行為であるがゆえ、先生がえらいとは、同義反復にほかならないと理解した。すなわち、生徒が誰かに学ぶ価値をみつけたとき、その人はえらく思えるし、先生に値すると思うのである。

本書の記述でいえば、先生は、まさに白馬の騎士とは正反対に、学ぶ意志のある生徒の前に浮かびあがる者である。本書の「先生」と「弟子」の関係は、上下関係だけに限定されるものではなく、そのまま水平方向のコミュニケ-ション論につがる。内田先生のコミュニケーション論に従えば、コミュニケーションは、まさにお互いの手探りのボールの投げ合いであり、誤解のキャッチボールである。本心をうまく吐露することができたという満足感が得られたとき、実は、相手の逐次の反応に応じて、相手が聞きたいことが語られていたのだというパラドックスのがあることに気がつく。

要約してしまうならば、コミュニケーションはわかりあえない限り続くことができる幸福である。一方が「わかって」しまったとたん、コミュニケーションは終わってしまう。誤解の続く限り、幸福は先送りで持続するといえようか。

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« トゥルーデおばさん 諸星 大二郎 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/10573253

Listed below are links to weblogs that reference 先生はえらい 内田 樹:

« トゥルーデおばさん 諸星 大二郎 | Main