« Patisserie Sadaharu AOKI | Main | トゥルーデおばさん 諸星 大二郎 »

普段着の住宅術 中村好文

普段着の住宅術
普段着の住宅術
posted with amazlet on 06.05.04
中村 好文
王国社 (2002/04)
売り上げランキング: 33,369
おすすめ度の平均: 4.83
5 やはり10坪は必要か
5 建築が好きになる本
5 ヒヤシンスハウス

美しい普通の生活

現在、住宅建築の達人といえば、文句なく、中村好文氏であろう。カリスマという敬称はふさわしくない。実に、子ども心をもったまま、大人になられた人柄が著作や設計された住宅から伝わってくる。昨今の住宅事情を考えると、建築家に家の設計をお願いすることなど、限られたクライアントのできることと思いこんでいたが、普通に暮らすために、細部にいたって、最大限の気配りを図るこの建築家の思いを読んでいくと、自分の思いを家に具現化してもらうという事が決して、特別な事ではなくて、普通に暮らしをしていくことの延長であることと納得させてくれる。

そう。最大限に、個人的にこだわりをもって、全く、普通に暮らすこと、それはより良く生きようとする方には優先順位の高いことである。趣味を極めことも快適に暮らすことも最後は空間に行きつくと思われる。音楽にせよ、美術にせよ、食べることにせよ、最後はその行為をする人を包み込む箱としての家という空間の問題に帰着する。

かつ、美術品ではなく、使いこんでいく普段使いの道具としての家は、その機能性を追及したところの美しさを常に備えているものだと思う。その一例は、中村氏も大好きなシェーカースタイルの家と道具であり、中村氏が友人の骨董のカリスマ坂田和実氏のために設計した美術館であろう。

中村氏のイラスト満載の本書は、建築の本来備えた暖かさを、まるで、人力飛行機を思い描くがごとく、建築という合理性、機能性、経済性と美しさの稀有なる合致をみせ、読者を至福の誘うのだった。

”無理もなく無駄もなく、必然によって生まれてきた姿と形は、本当に美しく、魅力的だと思うのです”

うなずくばかりである。


|

« Patisserie Sadaharu AOKI | Main | トゥルーデおばさん 諸星 大二郎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/9900798

Listed below are links to weblogs that reference 普段着の住宅術 中村好文:

« Patisserie Sadaharu AOKI | Main | トゥルーデおばさん 諸星 大二郎 »