« 貧乏クジ世代 香山 リカ | Main | 宝の地図 アースダイバー »

ダメな教師の見分け方 戸田 忠雄

ダメ教師の見分け方
ダメ教師の見分け方
posted with amazlet on 06.04.01
戸田 忠雄
筑摩書房 (2005/07/06)
売り上げランキング: 7,464
おすすめ度の平均: 3.75
5 かなり厳しい現実
1 他に誰かいなかったのか・・・
5 全ての人に勧める教育の書

トリックスター校長先生多いに語る

奇しくも、高校時代、インターハイをめざしていた部活動と公民の授業の恩師と同姓の名を目にして読んだ一冊である。ちょっと由緒ある「ちくま」には似つかわしくないタイトルのネーミングに、抵抗はあったが、内容は恩師の弁舌をおもいださせる、根源的ラジカル、毒舌あり、かつ、箴言にあふれた作品であった。

著者は、数少ない民間の教育現場経験者として、現在、内閣府の教育改革諮問の規制改革・民間開放推進会議の専門委員に抜擢され、いわば教育という聖域の構造改革に、力をそそいでいる。

著者とその委員会の主張は明確で、教育サービスを享受するユーザーである生徒と親が教員や学校を選択・評価するバウチャー制度の導入を精査しながら導入を提言している。

レビュアーは、過保護の時代に、PTAから教師への注文の多さには、教師の方々にシンパシーを感じるものであったが、本書での学校の実態を読んで、民間出身の辣腕実力者の校長先生が、なぜ、自ら辞職したり、自殺してしまったりするのか、その背景のいびつにゆがんだ学校空間に、校長役などの権限なく責任だけで、教育委員会及び文部省と教職員に板ばさみされた職務の、悲惨さには、自らの無知さを多いに反省させられるものであった。

本書のタイトルが、内容の品格にそぐわずにも、読者の目をひこうとするのも、無理はない。著者が言うには教育論は、出版事業としては、ペイしないとの事である。まず、教育の専門出版社はユーザーである教師の悪口を書くような本は出版できない。一般の教育熱心な保護者は、受験や教育に役立つ本は購入しても、教育論など興味をもたない。おまけに、教育現場の経験のない教育研究者は指摘な的をはずれていると。

企業という組織は、資本経済の上に成り立っているため、いくら組合が強くても、社長をつるし上げて、方針を潰していくなどという事は到底ありえない。ところが、教育という犯すべからず聖域では、第三者の権力介入もなく、(何しろ学問の自由・独立であるのだから)、いかに素晴らしいソサエティであるかと思えば、そうではないのであった。

当然の事であるが、現場の教師からの本書への反論ぶりは、予想できるところであり、いたる所で批判を目にすることができる。学校の現場を見たことのないレビュアーとしては、戸田先生が本書に克明に記した事実関係の記述を信ずるものとしたい。

著者の学校改革の奮闘ぶりの記述と共に、そのトリックスター的行動ぶりと、文書にちりばめられた古今の文献・警句にも多いに楽しむことができた一冊である。

霞ヶ関での著者の言論活動をインターネット上に見つけることができたので、あわせて記しておきたい。本書と変わりない歯に衣着せない弁舌ぶりが楽しめた。

http://www.kisei-kaikaku.go.jp/minutes/wg/2005/1012/summary051012-01.pdf

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。


|

« 貧乏クジ世代 香山 リカ | Main | 宝の地図 アースダイバー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/9384051

Listed below are links to weblogs that reference ダメな教師の見分け方 戸田 忠雄:

» 学校選択制は学校を減らす? [grounder]
私事ながらこの春から子供が小学校入学なのですが、公立のフッツーのガッコなのですが [Read More]

Tracked on April 03, 2006 at 05:46 PM

« 貧乏クジ世代 香山 リカ | Main | 宝の地図 アースダイバー »