« 自動車絶望工場―ある季節工の日記 | Main | 金ではなく鉄として »

欠陥マンションは買いどきのチャンス

逆説ではないが、もし貴方が、投資を考えているならば、今の買いは欠陥マンションと考える。投資の基本はリスク管理、リスクの逆期待値の明確化であろう。週刊!木村剛でいくつかの将来起こる事象の期待値計算をしていたが、まさに、買いの根拠はそこにある。震度5の地震で倒壊、死亡するリスクはどれくらいなのか。耐震性の完備したまっとうなマンションも震度7以上だったら、リスクは飽和して同じであろう。家屋に関して考えれば建築基準法改正前の住宅に住んでいる方はどれくらいいるのだろう。

という点で、不安な日々を送られている欠陥マンションを買うという投資家の方がおられたら、守銭奴ではなく、篤志家として、感謝されると思う。堀江さんでも村上さんでも、プロの方も検討されたらいかが。世論の評価も変わるでしょう。

投資に関して個人的な見解の基本はゼロサムである。もうかった方は損をした方からお金をいただいているか、未来から借金しているかのどちらか又は両方である。とすれば、投資に興味があるならば、他人が売るときが買いどきであるというのは基本原則だろう。

被害にあわれている方には、深刻な話で、自宅だってどうなのかわからない他人ごとではなく、もし、気分を害されたらお詫びだけしておきたい。

もう一点欠陥マンションの件で感じたのは、投資用語的に比喩するならばレバージでしたっけ。要は自分の資金以上の投資取引ができてしまい、大もうけできたり、破産したりするのと同様に、構造設計という、聞く限り小さな金額の案件が、欠陥としてはとんでもなく大きな金額の負債として、住民を中心とする関係者に波及するということだ。私はリバタニアリズムに賛同するほうなので、国の援助は心情的にはなんとかしてあげたいとは思うが、国の援助は賛成=国民の税金反対というパラドックスを忘れてしまう世論にもいささか疑問をもつ。

私は資金と、定職を放り出してまで、それを実施する手間暇がないので、うまい話を公開することにしたが、その気になった方は自己責任でお願いします。

投稿

|

« 自動車絶望工場―ある季節工の日記 | Main | 金ではなく鉄として »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/7527978

Listed below are links to weblogs that reference 欠陥マンションは買いどきのチャンス:

» [ゴーログ]投資の逆説:欠陥マンションは「買い」だ! [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。耐震偽装の問題は、一大騒動になってきました。一 [Read More]

Tracked on December 13, 2005 at 09:25 AM

» マンションを買うな でーくに建てさせろ [或る光栄]
 昨晩、世間を騒擾せしめた建築物に関する耐震偽装事件のことについて「きっこの日記 [Read More]

Tracked on December 26, 2005 at 09:51 PM

« 自動車絶望工場―ある季節工の日記 | Main | 金ではなく鉄として »