« 下流社会 新たな階層集団の出現 | Main | 欠陥マンションは買いどきのチャンス »

自動車絶望工場―ある季節工の日記

自動車絶望工場―ある季節工の日記
鎌田 慧
徳間書店 (1973/12)
おすすめ度の平均: 3
3 労働者ルポの元祖

過酷労働の今昔を考える

社会派ルポライター鎌田慧氏の名前を世間に知らしめたロングセラーのルポである。トヨタ自動車での製造ラインの非人間的な過酷な労働の日常を淡々と批判をこめて記述している。
70年代と現代では労働者を保護する法律や環境も異なるとは思うが、著者の視点の労働者と会社を単純な勧善懲悪のイデオロギーに染まった批判するスタンスにはいささか疑問も感じた。例えばラインの生産性を改善するQC活動についても、著者は無気力で、自助努力での改善意欲を感じさせないからだ。活気のある現場が企業を作った側面は全くなかったと言いきれるのか、気力もなくなるくらい過酷だった故なのか、著者の主観・思想ゆえなのか、それは不明である。

30年前とは異なるより競争と金の結果がすべての時代と比較してみるのに良い材料と考える。

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 下流社会 新たな階層集団の出現 | Main | 欠陥マンションは買いどきのチャンス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/7482443

Listed below are links to weblogs that reference 自動車絶望工場―ある季節工の日記 :

» 自動車絶望工場との再会 [或る光栄]
 トヨタの05年3月期連結決算(米国会計基準)は、当期利益が1兆1712億円、1 [Read More]

Tracked on December 26, 2005 at 12:46 AM

« 下流社会 新たな階層集団の出現 | Main | 欠陥マンションは買いどきのチャンス »