« 仕事のなかの曖昧な不安 玄田 有史 | Main | 東京タワー リリー・フランキー »

戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ

戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ
野中 郁次郎 戸部 良一 鎌田 伸一 寺本 義也 杉之尾 宜生 村井 友秀
日本経済新聞社 (2005/08/06)
売り上げランキング: 92
おすすめ度の平均: 2.9
3 前作の成功にいい思いをした出版社がけしかけた・・・?
5 類書を凌ぐ
2 もう一つ踏み込みが足りないような

戦略論にみる目的の明確化

好著であった「失敗の本質──日本軍の組織論的研究」が20年の歳月を経て、続編として上梓された。戦略という言葉はビジネスの中でもあたり前のように使われながらも、中身のない飾り言葉となってしまった感がある。本書の巻頭でも、ビジネス競争との対比は意識している事は強く感じられ、失われた10年の日本経済の逆転の期待を込めて執筆されている。内容は、クラウゼヴィッツの戦争論の考察から始まり、毛沢東の乱、ベトナム戦争、ソ連軍のドイツ侵攻の阻止など各章ごとに、逆転勝ちのケーススタディとして防衛大の専門家と組織論の大学研究者が論じ、終章で戦略とは何かという命題に答えを明かしている。それは抽象化してしまえば、まさに企業活動と同じで、人と金と時間の全体最適化と似たものになっている。組織論からみればそれは当然の事であろう。印象に残ったのは「目的の明確化」である。この戦いはどこまで勝つことが目的か。それがあいまいだと手段と目的は逆転しがちなのは、企業の活動にも如実に現れているように感じた。

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 仕事のなかの曖昧な不安 玄田 有史 | Main | 東京タワー リリー・フランキー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/6910887

Listed below are links to weblogs that reference 戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ:

« 仕事のなかの曖昧な不安 玄田 有史 | Main | 東京タワー リリー・フランキー »