« 戦後生まれの義務としての読書 小説 太平洋戦争 1 山岡 荘八 | Main | 東京奇譚集 村上春樹 »

一瞬の夏 ボクサー カシアス内藤 

一瞬の夏 (上)
一瞬の夏 (上)
posted with amazlet at 05.09.17
沢木 耕太郎
新潮社 (1984/01)
売り上げランキング: 40,519
おすすめ度の平均: 4.43
5 夏に
4 よかったです。
4 ノンフィクションだからこそ

元ボクサーチャンピオン カシアス内藤の復帰の顛末

残暑の余韻もかげろうのような、この時期に母校で特別授業をするテレビ番組で、あのカシアス内藤が出演していた。往事の体格に衰えはなかったが、借金、病気を乗り越え、朗々かつ毅然とジムを営んでいた。彼の過去を知らない読者に本書を奨めずにはいられない。

 インターハイ優勝から、20歳過ぎでの東洋チャンピオンを手にした天才ボクサーのカシアス内藤は、チャンピオのタイトルを奪われてからは、すさんだ生活の日々を送っていた。あのアリからカシアスの名を与えられ、名セコンドのエディ・タウンゼントの指導をうけた彼は29歳にしてボクシング界にカムバックする。アリやアリに倒されたフォアマンと同じように。

 一度は引退したボクサ―カシアス内藤の復活の中で見せる人間の弱さと強さ、そして、著者沢木が、第三者ではなく、復帰支援にプライベートにのめりこみ、試合のコーディネーターにまで関わっていく様子に、おもわず、この二人を自分の事のように手に汗を握る。

 カシアス内藤は復活したが、チャンピオンまでには復活できなかった。番組の中では練習ぎらいで若さでなったチャンピオンのときとは比類のない、努力をしたと語っていた。今だから、客観的に見つめなおせるのだろうが、29歳のときの彼には、その挑戦が今日一日を生きるための支えだったのだろう。病気を抱えながらも若手ボクサーを育てる彼の姿はけれんみのない背中が印象的であった。

沢木さんが映画評論からスポーツライターまで幅広く手がけるノンフィクションの原点を本書に感じる。夏の終わりに一読をお奨めしたい。

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 戦後生まれの義務としての読書 小説 太平洋戦争 1 山岡 荘八 | Main | 東京奇譚集 村上春樹 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/5986621

Listed below are links to weblogs that reference 一瞬の夏 ボクサー カシアス内藤 :

» スワップ金利 ニュージーランドドル編 [七転び八起きの為替トレード日記]
なぜか昨日からニュージランドドルの外貨預金についての問い 合わせが増えています。 [Read More]

Tracked on September 19, 2005 at 03:51 PM

» 単利と複利 [ポンドで行く『1億円への道』]
ご承知のとおり金利には、単利と複利があります。 単利は元金に対して利子をとるもの [Read More]

Tracked on September 20, 2005 at 11:03 PM

» 単利と複利 [ポンドで行く『1億円への道』]
ご承知のとおり金利には、単利と複利があります。 単利は元金に対して利子をとるもの [Read More]

Tracked on September 20, 2005 at 11:24 PM

» 単利と複利 [ポンドで行く『1億円への道』]
ご承知のとおり金利には、単利と複利があります。 単利は元金に対して利子をとるもの [Read More]

Tracked on September 20, 2005 at 11:28 PM

« 戦後生まれの義務としての読書 小説 太平洋戦争 1 山岡 荘八 | Main | 東京奇譚集 村上春樹 »