« これが大局観 決断力 羽生 善治 | Main | 一瞬の夏 ボクサー カシアス内藤  »

戦後生まれの義務としての読書 小説 太平洋戦争 1 山岡 荘八

小説 太平洋戦争〈1〉
小説 太平洋戦争〈1〉
posted with amazlet at 05.09.12
山岡 荘八
講談社 (1986/12)
売り上げランキング: 122,988
おすすめ度の平均: 5
5 読んでほしい!
5 戦後生まれの義務は只一つ 本書を読む事
5 日本人である限り彼らを知り、生きることに感謝をしなければならない。

戦後生まれの義務としての読書

著者は現代の読者からすれば、名前を聞いたことがあるくらいの、一昔前の流行作家という印象であろう。それだけ古い本であるが、山岡氏は大東亜戦争の従軍作家であり、前線の現場の記述には迫真のリアリティがある。

本書では松岡洋右が三国同盟ベースにした外交権謀術で戦争を回避しようと欧州から帰国したが、近衛文麿首相に外交案を却下される場面から始まり、東京裁判とそのエピローグまでの歴史を描いている。著者はさらに本書の完成のため、戦後、殉死した名将らのお宅を訪ね、弔意と彼らの親族から見た名将等の姿まで克明に取材している。

学ぶべき点はたくさんあり、後世に伝えていくべき痛々しい歴史であるのは繰り返すまでもない。戦後生まれの義務は、この戦争をどのような教訓として学び、評価・考察していくことと思う。長文になるが特にレビュアーの印象に残った事を記してみたい。(なお史実の信憑性については本書のレビューである点、ご理解いただきたい)

昭和天皇は常に誠実で正しい判断をする立派な人格者だった。御前会議でも一貫して戦争への反対を訴えた。天皇が命令に近い意見を述べる事は異例な事であった。ところが帝国憲法ではその判断を天皇陛下をする事が認めていなかったため、止める術がなかった。

近衛首相も同様の非戦争派であったが、公家の出身のためか、止める度量がなかったようだ。止める判断をする役割として東条英樹に首相を、外相に東郷茂徳を人選して託した。戦争への突入は軍部の暴走が現代では一般的な認識があるが、東条も好戦派ではなく、外交で和平への道も必死で求めたのだった。海軍は石油の輸出を断たれて、日月がたつほど不利になるため、日々焦燥した。

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« これが大局観 決断力 羽生 善治 | Main | 一瞬の夏 ボクサー カシアス内藤  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/5909715

Listed below are links to weblogs that reference 戦後生まれの義務としての読書 小説 太平洋戦争 1 山岡 荘八:

« これが大局観 決断力 羽生 善治 | Main | 一瞬の夏 ボクサー カシアス内藤  »