« 司法試験指導のカリスマ 伊藤真の民法入門 | Main | いつか貴方も見たはずの小屋の肖像 »

従業員の”市場価値”再考 岩井克人氏著再読

従業員の”市場価値”再考

本ブログでも紹介した東大経済学部長 岩井克人氏の会社はこれからどうなるのかを再読した。補足的感想を書いてみたい。

岩井氏はこの本の巻末で次のような主旨のまとめを記している。

日本の会社のコアコンピタンスとは、カルチャであって、他社より比較優位にある技術そのものだけでなく、経営環境の変化に応じて適応できる、経営者の企画力や技術者の開発力や労働力のノウハウといった”特殊組織的”人的ネットワークにほかならないと記している。

平たく言ってしまえば、従業員は会社という組織に属し、その中の人的ネットワークで働いているうちに、その会社でのみ役立つ”固有”の能力が求められ、その能力と協力でアウトプットをだしていく。これが日本の会社である。

他方、よその会社でも通用する社会人になれという、会社用語もある。これは明らかに市場的価値を持てと理解できる。

レビュアーの私見は日本の労働市場はもっと流動的であるべきと考える。米国での勤務経験がその背景にある。ある企業でのプロジェクトが失敗しても、そこの従業員が他の会社で、そのスキルを生かして別のプロジェクトが成功できれば、技術者の人的資産は会社ではなく社会レベルでは有効に活用され、マクロな視点では個人にも社会にもハッピーであろう。このサイクルが好循環すれば、余剰人員を社内で活用できずにいる会社も、スキルの生かせる行き先のある従業員も問題と不満が解消する。これはまったくのところ米国流の風土であり理屈であろう。

どちらが正しいのかと再考して、雑文を書き連ねてみたが、経済、政治、思想、どんな組織もオープンである事が存続の大きな条件になっている事は間違いない。

投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。


|

« 司法試験指導のカリスマ 伊藤真の民法入門 | Main | いつか貴方も見たはずの小屋の肖像 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/5054857

Listed below are links to weblogs that reference 従業員の”市場価値”再考 岩井克人氏著再読:

« 司法試験指導のカリスマ 伊藤真の民法入門 | Main | いつか貴方も見たはずの小屋の肖像 »