« 天才 堀越二郎  零式戦闘機 | Main | 司法試験指導のカリスマ 伊藤真の民法入門 »

貧乏旅行のバイブル 深夜特急 沢木耕太郎

深夜特急〈第一便〉黄金宮殿
沢木 耕太郎
新潮社 (1986/05)
売り上げランキング: 250,117
おすすめ度の平均: 4.91
5 中年でもおすすめ
5 無人島に持っていく
4 著者の波乱万丈な旅に思わず心わくわくドキドキ!

バックパッカーのバイブル

サラリーマンを一日目で辞め、浅沼社会党首殺害事件”テロルの決算”やボクサーカシアス内藤の復活に関わった”一瞬の夏”等で気鋭のノンフィクション作家としてデビューした沢木氏は、文筆仕事をキャンセルし、ユーラシア大陸を香港からリスボン、そしてロンドンまでバスを使って踏破すると友人と賭けをして1年以上に渡る旅にでる。

1つ前の世代は小田実氏の”何でも見てやろう”が海外への貧乏旅行者のバイブルだった。

レビュアーはハードカバー出版時から何回も読みかえしてきたが、飽きるという事がなかった。沢木氏の繊細な視点と好奇心と行動力がストーリーの新鮮さを失わせなかったからと思う。

本シリーズではやはり香港からインドまでが1つの盛りあがりを感じる。後半のヨーロッパは沢木氏の視点、好奇心と国々の人々のリアクションの点で前半よりテンションがさがり、旅の終わりを象徴させている。

この旅を通して得た沢木氏の独特の視点、感性はその後の創作活動の中で、自分の”なぜ”にこだわり、思考・行動するスタイルに大きな影響を与えていると思う。

中学生から社会人までぜひ読んで、旅にでてほしいと思う一冊である。
投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 天才 堀越二郎  零式戦闘機 | Main | 司法試験指導のカリスマ 伊藤真の民法入門 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/5002014

Listed below are links to weblogs that reference 貧乏旅行のバイブル 深夜特急 沢木耕太郎:

» 沢木耕太郎の紀行本 [夕暮れの匂いに空を見上げる]
学生の頃、沢木さんの「深夜特急」にすごくはまった。今でも大好きな本。 この本を観て、それまでどちらかというと旅はヨーロッパ方面と思ってたけど、一気にアジアに興味を持った。 本の中では一番香港の旅に憧れ、その後中国返還前に2度行った。 「深夜特急」のようにあてもなく町を歩き市場や中国を感じさせる雰囲気の町中で、混沌としたパワフルな町を感じる旅をする事ができた。 「オン・ザ・ボーダー」は沖縄の与那国島、ブラジル、パリ、ヴェトナムなどを旅した紀行本。 目次で特に気になっていたのが、 「キャ... [Read More]

Tracked on July 19, 2005 at 06:02 AM

» 深夜特急〈1〉香港・マカオ [のほほんの本]
沢木耕太郎『深夜特急〈1〉香港・マカオ』(新潮社 1994) 旅のバイブルと知られている沢木耕太郎の深夜特急シリーズです。 旅好きの大学の先生が薦めてくれました。 この本、かなり楽しめました。 もう本当に読んでいるとその場に行ったような気分になり、興奮も.... [Read More]

Tracked on July 31, 2005 at 02:30 PM

» 沢木耕太郎の紀行本 [夕暮れの匂いに空を見上げる]
学生の頃、沢木さんの「深夜特急」にすごくはまった。今でも大好きな本。 この本を観て、それまでどちらかというと旅はヨーロッパ方面と思ってたけど、一気にアジアに興味を持った。 本の中では一番香港の旅に憧れ、その後中国返還前に2度行った。 「深夜特急」のようにあてもなく町を歩き市場や中国を感じさせる雰囲気の町中で、混沌としたパワフルな町を感じる旅をする事ができた。 「オン・ザ・ボーダー」は沖縄の与那国島、ブラジル、パリ、ヴェトナムなどを旅した紀行本。 目次で特に気になっていたのが、 「キャ... [Read More]

Tracked on August 10, 2005 at 08:39 PM

« 天才 堀越二郎  零式戦闘機 | Main | 司法試験指導のカリスマ 伊藤真の民法入門 »