« 坂の上の雲 3 | Main | さおだけ屋はなぜ潰れないのか? »

坂の上の雲 4

坂の上の雲〈4〉
坂の上の雲〈4〉
posted with amazlet at 05.07.05
司馬 遼太郎
文芸春秋 (1999/01)
売り上げランキング: 1,075
おすすめ度の平均: 4.83
4 本筋とは特に関係ありませんが…
5 本日天気晴朗ナレドモ浪高シ
5 旅順、堕ちず 屍塁、堆高し

日露戦争前のロシアはさまざまな課題を抱えていた。国内にはロマノフ王朝を倒そうとするアンダーグランドの動きがあり、(実際、ご存知のようにのちに、革命はおきるのだが)日本からも工作員が東欧に潜伏する革命家に経済援助の支援をしていた。対外的には日本と同じように一触即発の軍事的危機状態にあったトルコとの関係と既に占領したが抵抗勢力の残る東欧諸国をどう治めるかという、混乱した時期にあり、この点でイギリスやフランスなどの列強とも微妙な関係の立場にいた。

そして、バルチック艦隊と巨大な軍隊の名声の裏、小説の中で幾度となく現れるのは巨大なロシア軍の実態が司令官が自分の責任回避とトップの間の足のひっぱりあいの腐敗した官僚主義と、占領国から連れてこられた捕虜を含む士気のあがらない現場の兵という軍隊内部の課題が散見された。

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 坂の上の雲 3 | Main | さおだけ屋はなぜ潰れないのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/4841295

Listed below are links to weblogs that reference 坂の上の雲 4:

« 坂の上の雲 3 | Main | さおだけ屋はなぜ潰れないのか? »