« 幻のレコードショップ | Main | 成功からより良く生きるへ 第8の習慣 コヴィー »

経済問題を最新経済学で平易に解き明かす 経済学的に考える 伊藤元重

経済学的に考える。
経済学的に考える。
posted with amazlet at 05.05.01
伊藤 元重
日本経済新聞社 (2003/09)
売り上げランキング: 158,848
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4
4 経済が苦手な人にも読みやすい

経済問題を最新経済学で平易に解き明かす

本書は伊藤先生が日本経済新聞に連載した経済問題を経済学の眼で論じたコラムをまとめたものである。タイトルやカバーの軽やかさと説明の平易さにも関わらず、中身は経済学の基礎の解説から最先端の経済理論を駆使した予想以上に密度の濃い本である。

印象に残ったテーマについて、その問題提起と対策をあげてみたい。

現代の日本経済の第一の問題であるデフレに関して、伊藤先生はプリンストン大学のクルーグマン教授の提言するインフレターゲティング(政策によって経済を目標とする指標のインフレに誘導する事)を支持している。デフレ経済政策に関しては政府や専門家、エコノミストの議論の白熱する難問であるが、伊藤先生は4つの点でインフレターゲティングを擁護する。

1.インフレ目標を設定するだけではデフレ脱却はできないという意見に対しては、日銀の行ってきた国債の買いきりオペを目標とする物価上昇率になるまで継続する政策で可能だと説明する。

2.インフレを起こすと激しいインフレを引き起こす恐れがあるという意見に対しては、インフレターゲティングの効果を認めている批判であるから、ターゲット目標値を定めれば、そのような危険を恐れるのは、現状のデフレの問題の大きさに比べ、取るに足らないものとする。

3.インフレ予想は金利上昇のマイナス効果がある(フィッシャー効果)という意見に対しては、流動性の罠(金利と貨幣流通量の反比例の関数がゼロ金利状態でクリップされている)の現状では成立しないと考える。

4.無理にインフレに誘導するのではなく、デフレに対応できる経済構造への調整が望ましいという意見に対しては、現在の日本の政府と企業の抱える債務の実質価値がデフレがあがってしまうという爆弾を抱えていることの方が危険性が高いと考える。

他にも産業の空洞化対策、地域経済の活性化、東南アジア地域経済協定の重要性などもテーマとして論じている。興味深かった経済学理論は「独占的競争」モデルであった。

従来の完全競争モデルでは企業は採算ギリギリまで競争を続けるというものであったが、現実の経済では企業は製品、サービスの価格を市場で操作が可能となっている。この現象をスティッグリッツとディキシットが「独占的競争」モデルとして提唱し、さまざまな経済分野で研究が展開された。

国際経済学ではクルーグマン等による「産業内貿易」の研究が注目されている。「産業内貿易」は多様な商品が競争から生まれ、消費者に多様性の便宜を提供する。具体的な例として、日本は世界有数の自動車輸出国であると同時に、ドイツなどから多くの(高級)車を輸入している現象を「独占的競争」モデルベースの「産業内貿易」による経済活性化として示唆している。
投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 幻のレコードショップ | Main | 成功からより良く生きるへ 第8の習慣 コヴィー »

Comments

この度TBありがとうございました。1つお願いがあるのですが、今回TB頂いたページは旧ホームページで今は「ブログの読書広場」として新しいURLにて運営しています。できれば、そちらにTBしていただくとありがたいです。
 ところで、(ゲロロさんで良いのかな?)のページトラックバックしていただいて知ったのですが、はっきり言って私が読もうと思っている、(読んだ)本のオンパレードで参考になります。プロフィールを拝見してもかなりこの分野に精通されていそうですので、今後参考にさせていただきます。

Posted by: Take | May 02, 2005 at 05:15 PM

TB、コメントありがとうございました。TB先の件承知しました。

Posted by: 管理人 | May 04, 2005 at 09:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/3932491

Listed below are links to weblogs that reference 経済問題を最新経済学で平易に解き明かす 経済学的に考える 伊藤元重:

» 国際経済 [ブログの読書広場 ]
 前に日本経済についてご紹介しましたが、今回はグローバルな視点から経済を勉強しよ... [Read More]

Tracked on May 02, 2005 at 05:03 PM

» デフレ下の量的緩和解除 [為替王]
******************** 6/2の新聞で日銀の当座預金が30兆円以下になったって書いてありました。まだ景気が良いわけではないのに、次に日銀はどうするんでしょうか? 裏ではもうインフレなんとかというやつをやろうと決めてるのでしょうか? ******************** 景気回... [Read More]

Tracked on June 11, 2005 at 05:45 AM

« 幻のレコードショップ | Main | 成功からより良く生きるへ 第8の習慣 コヴィー »