« ビジネスマンの教科書 MBAファイナンス | Main | 「国家」の誕生と「無法な野蛮」の発生 熊から王へ 中沢新一 »

神話学・構造主義入門 人類最古の哲学 中沢新一

人類最古の哲学―カイエ・ソバージュ〈1〉
中沢 新一
講談社 (2002/01)
売り上げランキング: 9,605
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.33
5 神話復権
4 私たちが神話を学ぶ意義
5 日々の仕事に忙殺されている方に

       神話学・構造主義入門の最良書 
中沢氏の大学講義録をまとめたカイエ・ソバージュの第1巻である本書は、神話学の入門として現代思想の「構造主義」の始祖であるレヴィ=ストロースの「野生の思考」で導入された「物語」の構造分析を、世界の各地に伝承されているシンデレラの原神話を題材として紹介している。シンデレラという物語の異文は矛盾や欠落を抱えている社会において仲介者として、異界、死者の国と結びつけて問題を解決する「野生の思考」が生み出したものである事を解き明かす。

構造主義を初めて学ぶ読者には、その手法と、構造分析によって解き明かされる「神話」にこめられた人類の誕生時の思想・哲学の豊穣な知の現出に驚きを禁じえないであろう。

「神話」は人類が現実というものを五感を通して身体に流れてくる複合的な感覚として築きあげてきた知の体系である。人類が合理化という思考を使い進めるにしたがって、神話はアニメーションとかわらないバーチャルなものと形骸化してしまったが、文明の転換期にある我々にとって、三万年の歴史を持つ「野生の思考」は世界のあるべき姿を根源的に見なおしを図る実学的意義のあることを強調して神話学の現代的意義を説いている。
現代社会の近代合理的思考はわずか数百年の歴史しかない事を認識すべきであろう。
投稿

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。


|

« ビジネスマンの教科書 MBAファイナンス | Main | 「国家」の誕生と「無法な野蛮」の発生 熊から王へ 中沢新一 »

Comments

TBありがとうございました。

この本、さらっと読めて面白いですよね。職場でもかなり好評です。

…しかし、訳あって本屋さんに2作目以降をお願いしたら、未だに届きません。ショックです。

今後ともチェックさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

Posted by: ピロ子 | May 04, 2005 at 10:09 PM

ご丁寧にコメントありがとうございます。思想系はマイナーな分野なのでご興味いただき大変うれしいです。中沢氏の本が話題になる職場があるなんてちょっと驚きですね。私の職場では木村剛氏の名前もほとんどの同僚が知らないぐらいでしたから。 中沢氏はデビュー以来のファンでした。ロジカルな言葉で語りにくいテーマを扱っているので、文学のような感じでしたが、このカイエ・ソバージュ シリーズで思想が確立した感があります。5巻目を読了しましたので、近々にレビューします。2作目未達との事、在庫がないのでしょうかね。キャンセルして、Amazonや楽天で購入されたらいかがですか。また、チェックに来てください。

Posted by: 管理人 | May 05, 2005 at 08:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/3862898

Listed below are links to weblogs that reference 神話学・構造主義入門 人類最古の哲学 中沢新一:

» 和辻・オギュスタンベルク・中沢新一・澤田允茂・岩村和夫・永田一征 [日々これケセラセラ]
研究計画書を、院試とその後に続く、修士論文の為に作成しました。 その為に読み込んだ文章やら、書籍の主要なものが下記のこれら。 実際はもっと多くの論文、論考に目を通します。 資料探しに国会図書館に何度か、通いました。 (国会図書館のアクセスは、何気に悪い気がするな・・) 和辻哲郎「風土」 オギュスタン・ベルク「風土の日本」 澤田允茂「認識の風景」 中沢新一「アース・ダイバー」 岩村和夫「住まいと暮らしとその環境」(ビオ・シティ no.23)    「生命... [Read More]

Tracked on December 11, 2005 at 10:16 PM

» 和辻・オギュスタンベルク・中沢新一・澤田允茂・岩村和夫・永田一征 [日々これケセラセラ]
研究計画書を、院試とその後に続く、修士論文の為に作成しました。 その為に読み込んだ文章やら、書籍の主要なものが下記のこれら。 実際はもっと多くの論文、論考に目を通します。 資料探しに国会図書館に何度か、通いました。 (国会図書館のアクセスは、何気に悪い気がするな・・) 和辻哲郎「風土」 オギュスタン・ベルク「風土の日本」 澤田允茂「認識の風景」 中沢新一「アース・ダイバー」 岩村和夫「住まいと暮らしとその環境」(ビオ・シティ no.23)    「生命... [Read More]

Tracked on December 11, 2005 at 10:21 PM

« ビジネスマンの教科書 MBAファイナンス | Main | 「国家」の誕生と「無法な野蛮」の発生 熊から王へ 中沢新一 »