« 超入門:外貨預金とリスクヘッジ | Main | 悪魔の紙幣発行 »

超入門:外貨預金とリスクヘッジ 2

利回り5%を超える外貨預金商品の例
ソニー銀行(http://moneykit.net/)ニュージーランドドル 10,000NZD 1年モノ 5.75%
3月末-4月/上 手数料 通常50銭→30銭

だそうです。

先回の考察にはいくつかの仮定があります。金利は固定で計算しましたが、実際には変動します。実質インフレ率に比例して、キャッシュの価値は目減りします。インフレ時には
国内預金の金利も上昇しますので、外貨から円に切り替える事も考えられるでしょう。
そのような為替、金利の変動を中期的にウォッチしていく事が基本と思います。

■免責 私のここで紹介している商品の購入をすすめているわけではありません。もし購入の判断をされる方がいらっしゃいましたら、自己責任にてお願い致します。私は個々の方々の運用結果の損失に関して一切、責任はとりません。

投稿
皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 超入門:外貨預金とリスクヘッジ | Main | 悪魔の紙幣発行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/3416875

Listed below are links to weblogs that reference 超入門:外貨預金とリスクヘッジ 2:

» オセアニア経済は鈍化 [為替王]
今日は久しぶりに豪ドル、NZドル関連記事を書きます。 過去数年に渡り、豪ドルやNZドルが上昇し続けたのは、景気が良く金利が高かったことが主な理由です。現在の政策金利はそれぞれ5.5%、6.75%と、先進国の中ではかなり高いです。 しかしながら、絶好調だった両国の景気... [Read More]

Tracked on June 01, 2005 at 04:05 PM

« 超入門:外貨預金とリスクヘッジ | Main | 悪魔の紙幣発行 »