« 不確実性の時代 | Main | これなら超簡単!!わたしの年金・保険一発解決ノート »

だまされないために、わたしは経済を学んだ

だまされないために、わたしは経済を学んだ―村上龍Weekly Report
村上 龍
日本放送出版協会 (2002/01)
売り上げランキング: 17,792
通常2~3日以内に発送
おすすめ度の平均: 2.67
4 愛と欲望の村上氏、社会へのコミットメント試行錯誤
5 既存のメディアからの脱出=JMM
1 期待はずれ


官能と欲望の村上氏、社会へコミットメント試行錯誤

もし読書好きの人たちを対象に村上龍氏の本が好きか嫌いかという問いを投げかけるならば、明快なイエス、ノーが返ってくるように思える。鮮烈なデビュー以来の独特の体液のようなドロリとした感覚に心地よさを感じる人もいれば、嫌悪感を感じる人もいる試金石となっているように感じる。

90年後半から村上氏の言論活動に大きな変化が現れた。官能と欲望とテニス観戦記の著作から、世の中の社会・経済に強く関わりを持とうとする著作を精力的に開始して、昨今では「13歳のハローワーク」に代表される社会への問いかけや経済の専門家を相手にメールマガジンの発行も行っているのは知る人には知っている活動である。

レビュアーは村上氏の社会・経済への関心の徴候を80年代の作品の「愛と幻想のファシズム」に感じた。経済に関わる記述に村上氏が勉強をして書いた感触があったからだ。

本書は上記メールマガジンをベースにした経済についてのエッセイである。レビュアーは何故、村上氏が、現在の活動を始めたのか、理由が知りたくて、読んだ。本書で村上氏がアダム・スミス、リカード、ケインズ、マルクスと言った歴史に残る経済学者の著作を買い込んで勉強し、日々の暮らしの中で経済について試行錯誤の自問自答を繰り返している事はよくわかった。村上氏の言動のモティベーションについては、やはり、うんざりするほど取材で尋ねられている事を巻頭でふれている。そして、どうして作家が金融・経済に興味をもつことにきっかけが必要なのかと、問い返している。

レビュアーの疑問は本書では得られず、村上氏も本書で何か明快な経済政策を提言しているわけでもないが、村上氏の題材に対する動物的嗅覚と自ら試行錯誤して考え続ける姿勢に、シンパシーを感じた。

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 不確実性の時代 | Main | これなら超簡単!!わたしの年金・保険一発解決ノート »

Comments

トラックバックありがとうございます。

あなたの自己紹介のところを拝見しました。

シスコ社長ってrouterで有名なciscoですか?

お仕事はエンジニアをなさっているようですが、ネットワーク関係のお仕事ですか?

僕は今、ルーターの検証業務を行っているので、ciscoというキーワードでひっかかりましたw

Posted by: naru_minehara | February 20, 2005 at 09:54 AM

はい、4年前まで現地にて共同研究で、同社の本社には良く通いました。ちょうど成長期でビルが20棟ぐらいに広がって、その一帯がシスコ村という感じでしたよ。確かファブレスで、当時は積極的にベンチャを買いとっていました。ビドスさんのほうは日本のファーストユーザーだったので、カンファレンスではホテルのスィートに案内されて、ジェット飛行機の乗ったビデオなど見せていただきました。

Posted by: 管理人 | February 21, 2005 at 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/2906603

Listed below are links to weblogs that reference だまされないために、わたしは経済を学んだ:

« 不確実性の時代 | Main | これなら超簡単!!わたしの年金・保険一発解決ノート »