« 藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義 | Main | ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか »

構造と力―記号論を超えて

構造と力―記号論を超えて
浅田 彰
勁草書房 (1983/09)
売り上げランキング: 29,446
通常4日間以内に発送
おすすめ度の平均: 3.71
1 バブル期の資料
5 ニューアカデミズムの旗手の現代思想終焉レジメ
5 現代思想に触れる第一歩の一冊、一気に読める面白さ


ニューアカデミズムの旗手の現代思想終焉レジメ

若い世代には知らないかもしれないが1980年代前半、哲学・現代思想といった難解な本が売れた時代があった。この社会現象をメディアはニューアカデミズムと呼んだ。もちろん、読者はこういった学問や知識に興味をもった層ではあったが、要は初版三千部、たいていが図書館、学校が購入するような学術書(何しろ勁草書房)を特定の一般人が、おそらく数万冊、自分で買って読んだのだった。

本書はニューアカデミズムの主流であった20世紀後半の思想、構造主義とポスト構造主義を26歳の著者が、その出典の原書の韜晦な翻訳やあるいはそれらの海外の思想を紹介した著作群100冊分ぐらいの内容を模範回答のようなレジメとしてまとめてしまった。それが浅田彰のデビューで、読者の期待するような風貌の彼の肖像写真の広告は書店を飾った。

レヴィストロースの構造主義から最先端と言われたフランスのポストモダン哲学者のガタリ、ドゥルーズの紹介まで、チャート式参考書的にまとめるならば、プリモダン、モダン、ポストモダンという新しい歴史観がこの時代の思想で認識された。

それは浅田彰氏のせいではないのだが、ニューアカデミズムは浅田氏の登場で花開いたというよりも、浅田氏の登場で終わってしまったと思う。京大でほぼ同窓の「美人論」の井上氏もかなわないなぁと語っていた。何故かといえば、この種の思想がすべてまとめて総括されてしまったからだと思う。

20年の時を経て、浅田氏も長野県知事にまでなった田中康夫との呆談を除き、著作の執筆は沈黙したままだ。そして思想は現実を変えないと本人が語ったと記憶するように、時代は近代的自我の確立というテーゼのモダンを超えることなく、プリモダンな土着・癒着・執着の社会に変化はない。

レビュアーは現代思想は20世紀で終わってしまったと考える。それは「現代思想」がいつまでたっても「他人の思想」のお勉強で、読者も学校の先生も大なり小なり苦労して勉強して理解するもので、「自分の思想」でないからだ。そして21世紀は、至極、単純、誰でも自分の力量で自分で考える、橋本治氏の「自分の思想」の時代と考える。それでやっと近代自我の確立ってやつではないかな?

顛末に始終してしまったが,本書は構造主義からポスト構造主義までを哲学書としては限りなくわかりやすくまとめた良書であり、これらの考えは大変にエキサイティングで大きな感銘を受けた。


皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義 | Main | ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/2017785

Listed below are links to weblogs that reference 構造と力―記号論を超えて:

» 【人物】 橋本治 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
[一覧] 人物一覧 「著者紹介」集 【質問】 「橋本治」とは? プロフィール † ↑関連情報 † 19... [Read More]

Tracked on November 27, 2004 at 01:12 AM

» レヴィ・ストロース -構造主義と言えば- [退屈な30代が見るサイト]
フランスの文化人類学者、思想家。一般的な意味においての構造主義の祖。 1908年にベルギーに生まれ、パリ大学で哲学を学ぶ。 ブラジルを中心にフィールドワークを行... [Read More]

Tracked on December 11, 2004 at 11:27 AM

» 【書評】『大学で何を学ぶか』 浅羽 通明 (著) 幻冬舎文庫【書評】 [Oram's Blog〜書評、映画評、哲学的雑記など〜]
この本は私が大学に入学した時に読んだのだが非常に衝撃を受けたのを覚えている。 大学生には自由時間が莫大にある。やる事が見つけられないと暇になりやすい。 ... [Read More]

Tracked on February 05, 2005 at 02:26 PM

« 藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義 | Main | ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか »