« 人を動かす | Main | 社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 »

シリコンバレーは私をどう変えたか 

シリコンバレーは私をどう変えたか―起業の聖地での知的格闘記
梅田 望夫
新潮社 (2001/08)
売り上げランキング: 143,214
在庫切れ
おすすめ度の平均: 3.45
3 シリコンバレーのスピードとダイナミズムを体感
5 ここ6,7年のシリコンバレーがわかる
3 やや淡白

シリコンバレーのスピードとダイナミズムを体感

著者は大手コンサルを独立後、シリコンバレーでベンチャやエンジェル(ベンチャキャピタリスト)を相手にシリコンバレーの起業ビジネスを立ち上げる。レビュアーもその時期に現地でエンジニアとして、シリコンバレーのビジネスの風土を体感したが、著者はキャピタリストの立場でどのようにして起業するため各種エキスパートを人脈で見つけ、契約してバーチャルなベンチャ企業を構築していくかを体験記として興奮を交えて綴る。

一番の顧客がファンド、株主である米国の会社の考えに対して、エンドユーザーと従業員を顧客と考える日本の会社の考えと文化に差はあり、それがダイナミズムとスピードの差となって日本を呪縛するし、日本の経済の閉塞を打破する答えをストレートに得ることはできないが、”敵を知り己を知れば...”の兵法に従えば、米国流のビジネス文化を理解するには希少な本と思う。

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 人を動かす | Main | 社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/1952460

Listed below are links to weblogs that reference シリコンバレーは私をどう変えたか :

» ■シリコンバレーでの起業家とベンチャーキャピタリストの集い(その1) [■グロービス堀義人ブログ]
サンフランシスコ空港に降り立つ。日本のジメジメした空気とは違うカラっとした空気が [Read More]

Tracked on July 25, 2005 at 01:43 PM

« 人を動かす | Main | 社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 »