« 会社はこれからどうなるのか | Main | 竜馬がゆく 2 »

竜馬がゆく 1

竜馬がゆく〈1〉
竜馬がゆく〈1〉
posted with amazlet at 05.02.19
司馬 遼太郎
文芸春秋 (1998/09)
売り上げランキング: 1,603
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.86
5 もっと早くに読みたかった!
5 名文句を口ずさむ
5 清々しいまでの竜馬の生き方


大人になる前に志を学ぶための必読書

大人(社会人)になる前にこの本を読んでおくことを強く奨める。幕末の動乱期。坂本龍馬の偉業を一言でいえば、尊皇攘夷派と開国派、ポスト政権をねらう薩摩、長州の対立を収束させた陰の立役者。現政権の敵・味方、正義や生硬な理念を振りかざすのでなく、動物的感覚で時流を判断して、世の中の流れに関わっていく志には文句なしに引きつけられる。

彼の判断の価値基準はいったい何だったろうか。文章の表層には現れていないが、それは、教義、イデオロギーではなく、資本主義の経済の論理と感じる。理屈で押し通す長州、薩摩を説き伏せたのも最後は現実的な損得のロジックだった。清河八郎に集められた浪人が行き場をなくしたとき,北海道開拓をその行き先として提案したり、亀岡社中という貿易会社を興して軍事力ならぬ経済力で組織の力をアピールした事から、彼は資本主義が日本の富国だけでなく、社会として国民の利になることを実践した最初の日本人のように思える。

続きは次回...

皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。


|

« 会社はこれからどうなるのか | Main | 竜馬がゆく 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/2056326

Listed below are links to weblogs that reference 竜馬がゆく 1:

» ヒーロー願望は死ぬまで治らない? 司馬遼太郎 『竜馬がゆく』 [買った 読んだ 書いた! 読書ジャンキーの読本戦記]
著者: 司馬 遼太郎タイトル: 竜馬がゆく〈1〉 司馬遼太郎の作品中、もっとも人気があると思われるこの小説には、少年ジャンプ的要素が満載している。すなわち、司馬遼太郎が描くところの坂本竜馬は、北辰一刀流剣術の達人で、美人の女性たちには惚れられまくり、そして幕末の動乱の収拾を一手に引き受けた自由奔放かつ機略縦横な革命家である。おまけにいまのベンチャー起業家の走りでもある。そして若くしての劇的な死。超人的なヒーロー... [Read More]

Tracked on April 24, 2005 at 02:03 PM

» 一石3鳥?の癒し&右脳開花&ドーパミン分泌・・アルファ波出現... [非常識な方向音痴の克服法&右脳力開発法]
 わけのわからない?お題をつけてしまって、自分の顔の筋肉がにやけちゃってます。 管理人には、実は、びっくりするくらいの親に似ていない可愛い女の子(かなり親ばか?)ががおります。 2歳と4歳のどちらも女の子・・・。 子供が産まれる前は、私の生命よりも大事...... [Read More]

Tracked on August 11, 2005 at 03:00 AM

» 竜馬がゆく/司馬 遼太郎 [がんばれ30代 〜書評・雑感〜]
竜馬がゆく〈1〉司馬 遼太郎 文芸春秋 (1998/09)売り上げランキング: 2,796Amazon.co.jp で詳細を見る 30代になると一度は読んだ、もしくは読もうとチャレンジしたことのある本だと思います。 明治維新の革命の原動力となった坂本竜馬の一生が瑞々しく描かれています。この小説で坂本竜馬は有名になったという話も聞いたことがある気がします。 一人の一生を描いているだけあり、長編なので四巻あたりで挫折されて... [Read More]

Tracked on November 04, 2005 at 12:20 PM

« 会社はこれからどうなるのか | Main | 竜馬がゆく 2 »