« 竜馬がゆく 1 | Main | 「わからない」という方法 »

竜馬がゆく 2

竜馬がゆく〈2〉
竜馬がゆく〈2〉
posted with amazlet at 05.02.19
司馬 遼太郎
文芸春秋 (1998/09)
売り上げランキング: 5,286
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 黒船来航!
5 竜馬かっこよすぎ


大人になる前に志を学ぶための必読書

彼が生きていた時代、人を動かす動機づけは、封建制に基づく立場の利害は当然の事として、自分が属する組織との一体感、献身の美徳であった。ゆえに幕末の騒動時に水戸学派のような狂信的な国粋主義が跋扈していたわけで、竜馬がその異様な盛り上がりを冷静に傍観していたのは評価すべきことだ。

思想の異なる藩、国家が連係するには、あくまでも現実的な(経済的な)交渉こそが意味を持つことを竜馬はみぬいていた。

「竜馬がゆく」のあちこちに影のように登場する岩崎弥太郎は、その後、後藤象二郎の庇護のもと、生きながらえて、日本の資本主義経済社会を築いていく。ある意味では竜馬が光だとすると、彼は影のような存在である。歴史の皮肉なところは、光が先に消え、影だけが残ったことだ。

現在の社会もみると、資本主義は世界を譴責し、多くの課題を我々に提示している。これは竜馬が我々に残した課題かもしれない。本書を読んだ若人がその課題を解きほどく志を抱いてほしいと願ってやまない。


皆さんのクリックが励みです→人気本・読書blogランキング ありがとうございました。

|

« 竜馬がゆく 1 | Main | 「わからない」という方法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61482/2066050

Listed below are links to weblogs that reference 竜馬がゆく 2:

» 竜馬がゆく [ハラキリロマン]
[Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 07:43 AM

« 竜馬がゆく 1 | Main | 「わからない」という方法 »